海外生産プリントレディースソックスの丈について

海外生産プリントレディースソックスの丈について

今回は、最近ご注文をいただくことが増えてきた海外生産のプリントレディースソックスの丈についてご説明したいと思います。

プリントソックスのデザインを考える時に、どのデータがどの位置に来るかは、かなりシビアな問題です。
何度も修正サンプルを作ることが出来れば問題ないのですが、弊社を始めとしてほとんどの会社は、その都度サンプル作成代が掛かってしまうため、無駄なコストは極力カットしたいですね。
そのため、データを作成する際に こちらのページをご参照いただければ、イメージに近い仕上がりになってくるのではないかと思います。

ちなみに、こちらがオリジナル プリントレディースソックスの商品規格説明ページになっています。

実際に履いてみました

TYFGのプリントレディースソックスは、どのような服装にも合わせやすいクルー丈になっています。
クルー丈は、ふくらはぎの中間よりやや下に履き口が来ます。
船乗り(クルー)が履いていたために、クルーソックスと称されるようになったという説が有力のようですが、
確実な由来はまだ解明されていないみたいです。

TYFGのプリントレディースソックスは、履いた時に快適な、綿っぽい風合いのポリエステル糸で編んでいます。
国産の80Dタイツなどとは、糸の太さが異なりますので、デニール表示はしていません。

気になる着用時の履き丈については・・

身長162cm、足のサイズ24cmのモデルが着用した時の写真が下です。

20151228_socks_cat_front20151228_socks_cat_back

このモデルの場合は、プリントレディースソックスはだいたいくるぶしから15cm上のところにゴム部分が来ています。

TYFGのプリントソックスは全てカカトのない形状なので、着用されるお客様の足のサイズと足の長さによって、着用時の履き丈は微妙に異なってきます。
そのため、お客様から履いた時の長さの問い合わせが来ると、正確な履き丈のご説明ができないため、上の着用写真をお送りさせていただいています。

実際のデータと対比されたい方は、写真のプリントレディースソックスの実際のプリント用aiデータも一緒にお送りして、『身長162cm、足のサイズ24cmのモデルが着用した場合、クルブシに来ている部分がここです。』とご説明するようにしています。

データと較べてみよう

説明用のaiデータは、下のようなイメージです。
周囲の水色の線は、ガイドラインで、普段はこの内側までデータの配置が必要です。
わかりやすく説明するために、ここではプリントレディースソックスの実寸サイズにクリッピングマスクをかけています。

sox_sc

モデルが履いている写真と実際に照らし合わせてみると、わかりやすいですね。

これで、海外生産でプリントレディースソックスを作られるお客様でも、安心してデザインに集中できるのではないかと思っております。(゚д゚*人)ナルホド

Follow me!